おじさんがハーレムを作る 戦略

目安時間:約 26分

この記事は2020年7月に執筆しています。あなたが読まれた時には私の年齢は記事内の年齢より上になっている可能性があります。

 

人生、やり残したことはありませんか?

 

私はもうおじさんです。というか来年還暦になっちゃうので、おじいちゃんの方が適切かもしれません。だから何歳で死ぬかなんてわかりませんが、常識的に考えて今の2倍の年齢まで生きれることはないと思うので、折り返し地点は既に通過しています。

 

 

あなたは

 

      • それなりに真面目に勉強して
      • それなりに真面目に働いて
      • それなりの生活を手に入れて
      • 特に大きな不満を持っているわけではないけれど
      • 何か自分は自分がやりたいことをやっていない

 

とくすぶった気持ちになったことはないでしょうか?

 

私は50を過ぎてからそう感じることが多くなりました。そして

 

ハーレムを作りたい

女に不自由のない生活をしたい

 

そんなことを思いついてしまいました。

 

あなたはそんなことを考えたことはありませんか?

 

 

すごい不謹慎ですよね。ハーレムを作るなんて倫理的に正しいことではないし、友達におおっぴらに言えることでもありません。正義中毒の女性がこの記事を読んだら激怒しそうです。

 

でもタイプの違う様々な可愛い女の子を自由に抱けるというのは、ものすごく達成感というか満足感が得られますよ。女の子に

 

あなたに抱かれたい ❤️

 

って言われるんですよ。嬉しくないわけないじゃないですか。

 

そんな達成感や満足感を、他人の目を優先して諦めちゃうんですか?

 

 

いつか体は動かなくなります。おそらくその前にセックスはできなくなります。

 

    • セックスできるうちにセックスしておきたい
    • それもたくさんのいい女と

 

と私は心底思っています。

 

もちろん不謹慎であることは認めますが、男としたら至極まっとうな欲求だと私は思うんですよ。男として、と言うより、生物学的なオスとして本能的に持っている願望なのではないかと思います。それを理性で抑えてるんですね。

 

でも多くの人は私と同じ欲求を持っているのに、社会からの視線が気になってやりたいことができないんですね。

 

 

私からの提案は

 

あなたのの人生はあなたのもの

生きてるうちにあなたのやりたいことをしませんか?

 

ということ。

 

興味のない人は興味ないんでしょう。だからそういう人はこの画面を閉じちゃってください。

 

男性の中には

 

大事なひとりの女がいればいい

女は女房一筋、女房と子供たちが宝物

 

というタイプもいるでしょう。

 

その価値観を否定はしません。でも私は

 

たくさんのいい女と生きてるうちにセックスしたい

 

んです。

 

 

 

時代劇を見ていて大奥のシーンとかが出てくると

 

将軍はいいよなぁ

 

なんてことを考えたりしませんか?

 

 

それなら いいなぁ なんてこと言ってないで自分で作ったらいいじゃないですか、あなたの大奥を。

 

    • そんなの難しいよ
    • もうおじさんだし

 

そんなのは単なる言い訳です。そんなこと言ってるヘタレだからできないんです。

 

 

年齢は確かにハンデにですが、ある程度カバーできます。あくまでハンデであって絶対できない条件ではありません。

 

だって私は今、59歳で来年還暦になっちゃうんですよ。それなのに今でもセックスをガンガンしています。しかも相手のほとんどは20代の女の子です。

 

 

もしあなたが私と同じように、自分のハーレムを作りたい、と考えているなら、私のブログはあなたのお役に立てると思います。

 

 

 

ハーレムと聞いた時、何を思うか

 

私、おじさん出会いマスター SKJ 平塚は、54歳になってからネットナンパを始め、約2年半でハーレムを作り上げられました。そして女の子のメンツは入れ替えがありますが、ハーレムは現時点(2020年7月)でもしっかり存続しています。

 

女の子たちにはハーレムなんて言葉は使いませんが、女の子たち全員が私が複数の女の子とつきあっているのは知っています。面倒が起きるのが嫌なので、最初に複数の女の子とつきあってることを言ってしまいます。それが嫌な女の子はそもそも私とつきあいません。つきあっている女の子はその事実を知っていながらそれでも私とセックスするんです。私に会いたいと言うんです。

 

嘘言ってると思ってますか?

 

ま、あなたが信じようが信じまいが、私には痛くも痒くもないのでどっちでもいいことですけど。

 

 

ハーレムと言っても、別に女の子をまとめてひとところに集めてるわけじゃないです。1970年代に千石イエスというハーレムみたいな事件がありましたが、私が言ってるハーレムはそういうものではありません。

 

私が言うハーレムとは

 

セックスしようと誘えば

   抱かれたくて

  すぐ会いにくる女の子を

     何人もキープしている

 

ということです。

 

 

私は来年は還暦という年齢なので、20代の時のように毎日なんてセックスする必要はありません。朝立ちも週に何回かしかしませんし。セックスは週に1回か2回すれば自分の性欲は十分満たせます。

 

週2回のペースなら、10人いれば毎月ひとり1回ずつくらいやれます。週1のペースなら5人で大丈夫ですね。私は2020年時点て6人のセフレちゃんがいるので、生理のスケジュールさえ把握しておけばやりたくなったら、ほぼいつでもヤレる環境になっています。

 

女の子の数は増やそうと思えば増やせますが、必要ないので増やしていません。10人以上と同時におつきあいしていたことがあり、その時はかなりしんどかったので数を抑えたという経緯があるんです。

 

確定しているセフレは6人ですが、それでも新しい女の子とのセックスはやはり楽しいので、月に何人かは新しい女の子とセックスできてしまいます。そんなのはセフレを作ることに比べたら全然簡単ですよ。

 

 

ここまで読むと、読者はだいたい2つのグループに分かれます。

 

1つめのグループは

 

    • そんなの嘘に決まってる
    • できるわけない
    • 詐欺か煽りだろ

 

とネガティブな態度で話も聞こうとしないグループ

 

 

2つめのグループは

 

    • 還暦じじいがどうやってやったんだろう、と興味を持つグループ

 

です。

 

ここから先は、2つめのグループの人に向けて解説します。1つめのグループの人には私は興味ないので、出てってください。

 

 

 

 

ハーレムまでの大きな流れ

 

まず大きな流れから、そして細かいやり方へと話を進めます。

 

戦略を理解してもらってから戦術の解説をするということです。

 

この記事で大きな流れ戦略を解説しますが、戦術は内容がこまかく種類がたくさんあるので、ひとつひとつ個別に解説していこうと思っています。

 

 

ただしあくまで私が行ってハーレム作りに成功した方法になります。

 

これ以外にもハーレムを作る方法はあるでしょうが、このやり方を教えた40代の男性も着々と実績をあげていますので、再現性はある方法だと自負しています。

 

ただ誤解をされたくないので最初に言いますが

 

    • 簡単ではない

 

ということです。

 

 

ネットの情報は、多くのものが

 

      • 誰でも
      • 簡単に
      • 短期間に

 

という煽りをしているものが多いですが、私の方法は違います。

 

    • 誰にでもできる
    • でもめんどくさいし、時間がかかる

 

というのを最初に申し上げておきます。

 

予想では、成功するのは始めた人の1割いけばいいほうだと思います。10人が始めても9人はハーレム作りに失敗します。なぜなら時間と根気が必要だからです。根気がある人間なんてあまりいません。だからハーレム作れる人もあんまりいないことでしょう。

 

必要な時間は3ヶ月から半年くらいでしょう。長いですか? 短いですか? でもほとんどの人が3ヶ月も続かないでしょう。だいたい3日目、1週間め、3週間目あたりで諦める人が多くて、1ヶ月続くのは多くて2割かな。そして最終的に成功するのが1割でしょう。

 

 

 

その期間で何をするかと言うと、端的に言うなら

 

    • 出会える仕組みを作る
    • 女の子を喜ばせるスキルを身につける

 

ということになります。どちらか片方ではなく、両方です。

 

そしてその両方を時間をかけて実現する価値が十分あります。

 

 

まず仕組みのすごいところは

 

一度仕組みが出来上がると

 ほぼ自動で(完全自動ではない)

  女の子と出会い続けられる

 

ということです。

 

その仕組みが出来上がるのに最低でも3ヶ月はかかります。そこまで根気が持たない人が9割なので、9割の人はハーレムを作れません。

 

 

 

 

ハーレム作りに必要なスキル

 

ハーレムを作るまではどういう流れか、どういう手順かを解説します

 

 

まず最終目的は

 

自分のハーレムを作る

 

ということです。

 

出会う、セフレを作る、は

 最終目的ではなく

  途中経過でしかない

 

ということです。それらはもちろん必要ですがあくまで通過点であり言い方を変えると、最終目的は

 

    • 自分が満足する 質と数 の女の子とセフレになる

 

ということです。

 

 

そのためには2つの項目についてあなたのスキルをあげていかなくてはいけません。その2つのスキルとは

 

    1. 好みの女の子と出会うスキル
    2. 女の子を満足させるスキル

 

になります。

 

 

 

女の子に出会うためのスキル

 

まずは出会うスキルです。

 

出会った女の子が必ずしもセフレにしたいと思うようないい女ではありませんし、あなたがセフレにしたいと思っても必ずしもセフレになってくれるわけではありません。だから

 

自分がセフレにしたいと思えるほどいい女で、かつ

実際にセフレになってくれる女の子と出会うためには

 

ある程度の出会いの数をこなす必要がある

 

ということです。

 

ざくっと言って最終的に

 

セフレにしたい人数の

 4倍から5倍に会わないと無理

 

だと思います。あるいはもっとかもしれません。

 

だからセフレが3人欲しいと思っているなら、15人くらいと会わないと気に入った3人のセフレは作れません。そのために出会いを量産できるスキルがまずは必要になってきます。出会えないことには何も始まりませんからね。

 

この部分に関しては、特にあなたが おじさん と呼ばれる年代なのであれば、手前味噌にはなりますが

 

 平塚メソッド

 

が最強です。

 

若い男の子なら出会い系やマッチングアプリを使った方が早く出会えるのですが、おじさんだとかなり厳しいのが実情です。そしてわたしのようにおじさんなのに若い女の子が好きだと、マッチングアプリだとほぼ不可能です。

 

 

女の子を満足させるスキル

 

もうひとつのスキル、女の子を満足させるスキルは

 

出会った女の子をセフレとして定着させる率を高めるために必要

 

です。

 

初心者はよく誤解しますが、1度セックスしただけではセフレでもなんでもありません。1回めのセックスは女の子にとっては味見でしかなく、あなたとのセックスが美味しくなければ2回目のセックスはありません。2回目がないのであればセフレなんて到底無理です。

 

女の子と出会えても

 会えるのはいつも1回だけ

 

というような状態ならセフレなんかできませんしハーレムなんて夢のまた夢です。

 

毎週毎週、違う女の子と1回限りのセックスを続けたい、という人もいるでしょう。そういう人はハーレム作りを目標にするのではなく、出会うスキルをどんどんブラッシュアップしてください。

 

 

でも私はそうではありません。

 

タイプは異なるけれど好きな女の子っているわけです。

 

チャキチャキしたスポーツ女子がいちばん好きですが、ぽよよんとしたほんわか女子も好きなんです。

 

そういう違ったタイプの気に入った女の子といつでもセックスできる状態を作っておきたいというのが私の目的でした。そのためには、そういう女の子が何度でも私とセックスしてくれないといけないわけです。そして既に達成しています。

 

それを達成するためには、女の子が何度でも私に会いたいと感じてくれないといけないわけです。そのためにはその女の子を満足させないといけないんです。満足させてくれない男には女の子は何度も会いませんから。

 

満足させるというのは

 

    • セックスで満足させる

 

というのが大きな比重を占めています。

 

 

ここで反論をする人もいます。

セックステクニックがなくても会いたいと思ってくれる女の子はいるはずだ、と。

 

はい、そういう女の子も確かにいます

 でも少ないですよ

 

だって、セフレですよ、セフレ。

セックス目的で会うのにセックスがつまらないのが確定している男に会います?

 

 

現実に女の子とセフレになってもらうためには、セックステクニック以外のものも必要になります。セックスはめちゃくちゃうまいけど

 

  • 不潔だったり
  • 金にだらしなさすぎたり
  • 性格に問題があれば

 

セフレは無理でしょう。

 

セックステクニックがないのなら

 他がどんなによくても意味なし

 

そこを間違ってはいけません。

 

 

セックステクニックがなくてもいいという女性は、たいていの場合熟女です。

 

熟女はセックスで得られる快感ではない別のことを求めている場合も多く、その場合はセックスが下手でもセフレにできる可能性はあります。

 

でも私は30歳以上の女性は対象外なので、あくまでセックステクニックで押しています。

 

 

若い女の子の場合は

 

    • セックスが下手でも許すのは彼氏だけ

 

です。それも結婚を真面目に考えている彼氏ただひとりです。その彼氏であればセックスが下手でも我慢してくれます。なぜなら女の子はセックスよりも彼氏のスペック、つまり

 

      • 学歴
      • 収入
      • 家柄
      • 財産

 

をセックスよりも重視するからです。下世話な真実を言ってしまうと

 

優雅な生活を送れるなら

 セックスが下手でも我慢する

 

ということです。

 

 

でもあなたの作りたいのは結婚相手の彼女じゃないですよね?

セックスをいつでもできるセフレですよね?

 

だからセックスが下手だとセフレにはなってもらえないんです。

 

 

 

 

 

おじさんに必須のスキル

 

セックステクニックは、おじさんならば必ず身に付けなけれないけません。理由は

 

    • 若い女の子は、おじさんはセックスが上手だと期待している

 

からです。若い彼氏なら許されることが、おじさんでは許されません。そしてあわせておじさんには余裕があると期待しています。

 

    • 若い女の子は、おじさんはセックスが上手だと期待している
    • 若い女の子は、おじさんはセックスが上手だと期待している
    • 若い女の子は、おじさんはセックスが上手だと期待している

 

重要なので、3回書きました。

 

 

19 や 20歳の女の子がおじさんとセックスする理由のトップって何か知ってます? それは

 

    • 彼氏のセックスが気持ちよくないから

 

なんです。

 

彼氏が気持ちよくしてくれないから

 上手そうなおじさんとセックスする

 

んです。

 

それなのにそのおじさんも彼氏と同じ程度の下手クソだったら

 

おじさんと会う価値はゼロ

 

です。

 

逆に言うと

 

  • 若い男の子でセックスが上手な男は極めて少ないから
  • セックスのうまさがおじさんの良さをアピールできる最大のポイント

 

ということです。競争相手の弱い部分で勝負するということです。
だって硬さとか回数とかじゃ若い男の子にはどう転んでも勝てないでしょ?

 

唯一勝てる可能性があるのが

 セックステクニック

 

なんです。

 

そこを強化しないでどうするんですか。

 

 

私のセフレが以前出会ったおじさんのことをこう言ってました。

 

  • おじさんなのに焦っちゃってサイテー
  • 下手クソなおじさんにやらせて損しちゃった
  • そのくせまた会いたいってしつこいのよねー

 

もうボロクソなんですよ。本人の前では言いませんがセックスが下手なおじさんは裏ではめちゃくちゃディスられています。

 

セフレちゃんのこのコメントからもわかる通り、女の子がおじさんに対して求めてるのは

 

  • セックスが上手なこと
  • そこから感じられる余裕

 

の2つが重点ポイントです。

 

 

余裕というのは、セックスでガツガツしていないという精神的な余裕が大きいですが、金銭的な余裕も含まれています。40すぎのおじさんが、女子大生にホテル代をワリカンなんかにしたら余裕なんて感じてもらえませんよ。

 

遊ぶ金もないのに女の子を誘うな、ってことです。

 

 

 

 

まとめ

 

戦略のまとめはこうなります。

 

 

出会いのスキルと

女の子を満足させられるスキル

この2つのスキルを身に着ける

 

です。

 

 

出会いのスキルをあげるには 平塚メソッド が最強だと自負しています。別の記事で出会いを量産するための戦略を解説します。

 

女の子を満足させるスキルは、メインはセックスのスキルです。セックステクニックがすべてではないけれど、セックステクニックがなければお話になりません。

 

 

女の子をいかに満足させるか、というのはあまりにもテーマとして大きく、セックスが上手になるところに限定したとしても、そのノウハウは膨大になります。

 

でも今はセックスにあまり自信のないおじさんが、セフレができるくらいのセックステクニックを身につける道筋くらいであれば解説できますので、別の記事で取り上げていきます。

 

 

 

 

> 次の記事:おじさんが出会いを量産するための戦略

 

 

ページの先頭へ